« USSロハス号発進 | トップページ | »

2006年2月16日 (木)

300キロマグロなのか?

Kabu381 ただ今の実績 83%

デルモナ船長、この前買った、チャーリーとチョコレート…のDVDどうでした?気になるのかスコップ。はい。まあ、観なくてもいいヨ。よくあるパターンだ。予告編が最高傑作!!がっかりしたのですネ。まあ、そんなところだ。そんな事より、次の港には、いつ着くんだ。あと、78時間と23分30秒です。現在ワープ3で航行中ですが、急ぎますか?いや。このままで、いい。では、航海日誌ですね。うむ。宇宙暦045326281402今日の日経平均も大荒れであった。ミノフスキー粒子も濃い為まったく先の読めない状況だ。寄り付きロハス号の計器は真っ青であったが、二つだけ赤く輝いていた。なんと2466パシフィックゴルフと2665ネクストコムだ。き、来たのか!!!!!!いやいや、今の地合そんなに上手く行くはずがない。あせってはいかん。ときめく心を必死に抑え早まった動きはしないように、がんばった。実は、パシフィックゴルフの現物買い増しを狙っていたのだ。180000ボルトの時にもチャンスは有った。しかし底の見えない状態で、買いに入れなかったのだ。そうこうしているうちにパシフィの株価は、順調に戻りはじめていたが、どうにも上昇パワーに確信がもてなかった。ここのところの相場観とターボリナックスでの爆下げ体験が決心をにぶらせていたのだ。だが今日の売り板の食われっぷりは、みごとだった。バクバク食っていた。前場終了。後場下げなければ、突っ込もうと待ち構えていた。すると後場スタートS高に!!値段がついた後もじっくりと確実に値を上げ235000ボルトまで登りつめた!!うっ、少し上がりすぎでは?予測どうり235000ボルトを天井に下げはじめ230000ボルトでのもみ合いになる。激しい実弾戦が繰り広げられたが、クリンゴンの勢いを止める事が出来ずに、第二ステージを250000ボルトに移した。ここでも大型魚雷の撃ち合いとなり一進一退が続く。弾数の多さに250000ボルトが今日、最大の節と判断。買いを入れてすぐに約定。更に上がるのか下がるのか見守る事となった。一進一退を続けたがクリンゴンがまたしても優勢となり第三ステージは200000ボルトとなった。ここでの戦いもまた激しさを増し計器に釘付けとなる。ミノフスキー粒子は更に濃くなり戦況は、混沌としていた。が、ラスト10分。世に言う江頭タイムに、再び大型光子魚雷の大人買が撃たれはじめた。結局終値234000ボルトで戦闘を終えた。明日が正念場だ。以上。

|

« USSロハス号発進 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22516/728969

この記事へのトラックバック一覧です: 300キロマグロなのか?:

« USSロハス号発進 | トップページ | »